店舗撤退、オフィス撤退、店舗退去、オフィス退去、現状回復、現状復旧、原状復旧、敷金返還
お問い合わせは、中部0561-52-5511、関東03-6456-0839へ

環境への取り組み

エコ解体 チャレンジ23への取り組み

鳩山首相の掲げる二酸化炭素25%削減は、2020年までに1990年比で25%、2005年比で33.3%削減して地球温暖化を防ごうというものです。
これは1970年代における二酸化炭素排出量にあたります。そう、日本人がものを大切にしてきた古き良き時代なのです。
その精神をもう一度思い起こし、かいたいくんは少しでも地球温暖化防止に寄与して行きたいと考えています。

その取組の一つとしての「古材再生事業」 かいたいくんでは再生利用できる古材はチップにせず、そのまま再利用します。
チップとして再生利用する前に、まず再使用します。それは再使用こそが究極のリサイクルだからです。

再生利用するために加工すれば加工段階で二酸化炭素は排出されてしまいます。スギの木の年間二酸化炭素吸収量は約14g。
もし仮に新築の住宅の材木の内、1本でも古材の杉の木を利用したとすればそれはCO2約14gの削減と同じです。

もし日本中の新築家屋が(50万棟/年)が1本ずつでも古材を再利用したならば、約7000kgの二酸化炭素の削減につながります。
それは杉の木460本の年間吸収量と同じくらいの量となります。

地球温暖化を抑制する為には気の遠くなる話かもしれません。しかしよりよい明日の為に今何ができるかを考えて真剣に地球環境に向きあっています。

古材買取・解体サービスについて

私たちの古材買取・解体サービスには以下のような願いを込めています。


以上、私たちは「コスト」、「お客様の想い」、「環境」という3つの視点から、
古材買取・解体工事サービスを実施しております。
※適切な古材鑑定を行うため、解体工事をさせていただく方のみ
  買取をさせていただいておりますのでご留意ください。

古い民家の解体予定がある方で、「想入れのある民家の木材を捨てたくない」 「まだ使える木を捨てるのはもったいない」
等と感じていただける方、是非古材買い取りをご利用下さい。
※注意 古材は保険や保証をつけるために必ず履歴が明確である必要があります。
  そのため、既に解体が終わっている場合の「古材の買い取りのみ」のご要望はお断りしております。

買取した古材は住宅やテナント・レストランにて利用され、その独特の風合いが癒しを与えています。

株式会社 カナオコーポレーション
住所本社 〒488-0023 愛知県尾張旭市瀬戸川町2-156
TEL 0561-52-5511(代表) FAX 0561-52-5122

名古屋営業所 〒460-0007 名古屋市中区新栄3-9-10
東京営業所  〒134-0084 東京都江戸川区東葛西2-20-2
       TEL 03-6456-0839(代表)
       FAX 03-6456-0869

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25

プチかいたい家屋取り壊し工事鉄骨・鉄筋コンクリートビル取り壊し工事原状回復・現状復旧・スケルトン工事不用品片付回収・遺留品整理駐車場・外溝工事
施工実績Q&A費用について工事の流れアスベストについて環境への取り組みかいたいくんのこだわり
中部対応エリア関東対応エリア見積りご依頼お問い合わせお客様の声個人情報保護方針
会社概要スタッフ紹介スタッフ募集社長ブログ現場報告日記東京所長のブログリンク